Java プログラムメモ


トップ

実行する

Groovy の Script を実行する方法には以下の 4 種類あります。

対話的シェル

コマンドプロンプトにて、groovysh コマンドを使用します。
「go」 コマンドで、入力が評価され実行されます。

groovysh

対話的 GUI コンソール

コマンドプロンプトにて、groovyConsole コマンドを使用します。
ウィンドウの上段にスクリプトを入力し、[Actions] メニューの [Run] をクリックすると入力が評価され実行し、 出力は下段に表示されます。
[File]メニューを使用すると、スクリプトファイルを実行したり保存したりが可能となります。

groovysh

スクリプトファイルの実行

Groovy のスクリプトファイル(拡張子 .groovy)をコマンドプロンプトから groovy コマンドで実行する。
hoge.groovy ファイルの中身は System.out.println("hoge") です。

groovysh

コンパイル済みクラスの実行

groovyc コマンドにて groovy スクリプトのコンパイルが可能。(.class が生成される)
生成されたクラスには main メソッドが入っているので、java で実行可能となる。

但し、実行する為には Groovy の lib ディレクトリにある groovy*.jar と asm*.jar を ClassPath に追加する必要があります。


SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO