Java プログラムメモ


トップ

プロファイラを使う

開発を行う中で、パフォーマンスチューニングは欠かせませんが、 開発段階でプログラマ個々がバラバラに工夫して行っているケースが良くあります。 しかし、こういった方法は実際にはあまりうまく行ってないようです。
遅くないのにチューニングしてしまってソースを解りづらくしたり等、 ほとんどのチューニングが無駄に終わっているケースが多いようです。
そこで、チューニングを行う前にシステム全体でプロファイルを行い、 本当にボトルネックとなっている箇所を特定し、そこだけをチューニングする事が推奨されています。
商用製品は色々あるようですが、高価だったりしますので、 Eclipse プラグインの Eclipse profiler plugin を紹介します。

プロファイルとは?

プロファイルとは、以下の項目を明確にする事です。

  • 呼び出される回数の多いメソッド
  • 処理時間のかかるメソッド
  • 処理時間のかかるメソッドを呼んでいるメソッド
  • メモリの消費量が多いメソッド

Eclipse profiler plugin

Eclipse profiler plugin からプラグインをダウンロードします。
普通のプラグイン同様に解凍して、インストールします。また、解凍したフォルダ内にある ProfilerDLL.dll を JAVA_HOME/jre/bin の中にコピーして下さい。
後は、Eclipse を再起動するだけです。

利用方法

Eclipse を起動すると、実行 (Run) の中に Profiler が現れます。

プロファイル

Profiler の項目で新規起動構成を作成し実行します。
すると、Profiler パースペクティブに遷移して実行結果の詳細なデータを取得できます。


SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO