Java プログラムメモ


トップ

Tomcat と Apache の連携

Windows での Tomcat と Apache を連携させる方法についてまとめて起きます。
バージョンは Tomcat 5.0.29,Apache 2.0.52 です。

連携させる理由は

  1. 静的なページ (js,css,jpg 等) に関して Apache の方が早い
  2. Apache の方が細かな設定が可能
  3. Apache の方がセキュリティが優れている
  4. CGI, PHP 等が tomcat では使えない
上記のような理由で、Tomcat を単独で使うのではなく、連携させることが推奨されています。

コネクタ

コネクタには mod_jk2 を使用します。mod_jk2 が最も安定しているようです。

ダウンロードを jakarta から行います。ちょっと解りづらいですが、ミラーの JK2 Binary からダウンロードしました。Apache 2.0.52 なので、jakarta-tomcat-connectors-jk2.0.4-win32-apache2.0.49.zip を使用します。

mod_jk2 のインストール

ダウンロードした mod_jk2 を解凍して Apache の modules に mod_jk2.so へコピーします。
そして、httpd.conf に以下の項目を追加します。

LoadModule jk2_module modules/mod_jk2.so

worker2.properties

mod_jk2 を解凍した中の conf/workers2.properties.sample を Apache の conf に worker2.properties としてコピーし、以下の項目を追加します。(uri は連携させたい webapp です)
classpath=${CATALINA_HOME}/bin/tomcat-jni.jar classpath=${CATALINA_HOME}/server/lib/commons-logging.jar OPT=-Dtomcat.home=${CATALINA_HOME} OPT=-Dcatalina.home=${CATALINA_HOME} [uri:/servlets-examples/*]
以上で、設定は完了です。

起動

Tomcat、Apache の順で起動して http://localhost/servlets-examples/ で接続できれば完了です。

また、動作状況を http://localhost/jkstatus で確認できます。


SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO